AOSのセキュリティ製品・サービス事例


業務上横領調査の事例

事例

調査内容 金銭の不正取得では下請け会社が孫請けから「請求書」を受領し、その請求書の金額にいくらか乗せて元請けに請求する場合における、請求書のデータ調査。請求書はPDFデータ、会計ソフトからはき出されるエクセルファイルなどの入金記録が多くなります。 ご依頼に至るまでの経緯 業務上横領の場合は、以下の4つのパターンが多い。 ① 対象者の不正を知った社員による会社「内部」への通報(通報窓口) ② 対象者の不正を知った社員による会社「外部」(週刊誌)への通報 ③ 対象者の退職に伴う手続きの過程で発覚(PC引継ぎ時に退職者PCの中身のチェック) ④ 対象者の日常の言動・勤務態度から生じる抽象的な嫌疑 調・・・

刑事事件、証拠復元の事例

事例

調査内容 財産犯として起訴された被告人の量刑判断には被害額が大きく関わりますが、公訴事実の被害額は実際より多めに算定されることが多くあります。そのような場合被告人は実際の被害額を主張し、裏付けを取ることが必要となります。 詐欺罪、恐喝罪、横領罪及び背任罪の場合、過程で被害者とやり取りをする場合が多く、証拠はスマホのメッセージやEメールに残されているケースが少なくありません。しかし同時に被告人がデータを削除していることも多く、公判の段階で実際の被害金額を基礎づける証拠収集が非常に困難です。 結果 フォレンジック調査の結果、メッセージを復元することができました。その結果、被害額算定に関する被告人の・・・

LINEの履歴復元の事例

事例

調査内容 自らの不貞行為が原因で離婚調停となり、配偶者から高額な慰謝料を請求された場合、不貞行為は継続的なものでなく、執拗に迫られたり、自ら主導的に行ったわけではないとの事実を示し、減額を求める必要が生じます。 しかし、このような事実を基礎づけるLINEやメッセージは既に削除されている場合が殆どであり、離婚調停時には証拠が全くないという場合も多くあります。このような場合、自らのスマホにつき直ちにフォレンジック調査を行い、不倫の相手方とのやり取りを復元の上、証拠として確保する必要があります。 結果 フォレンジック調査の結果、LINEトーク履歴やメッセージを復元することができました。その結果、不倫・・・

Androidメッセージ・メール復元の事例

事例

調査内容 ストーカー・脅迫にあい警察へ相談に行った場合、証拠を提示するよう回答されることが多く、この場合スマホの画面等を示し、加害者からどのような文言を告げられたか、また1日当たりの着信数などを警察に客観的に伝える必要が生じます。 しかし、被害者の多くは脅迫的文言や着信履歴を削除している場合が多く、警察へ相談に行ってもストーカー規制法に基づく警告をしてもらえない場合が少なくありません。このような場合、被害者のスマホにつき直ちにフォレンジック調査を行い、加害者とのやり取りを証拠として確保しなければなりません。 結果 フォレンジック調査の結果、LINE、メッセージ、Eメール、着信履歴を復元すること・・・

削除されたSMSの復元事例

事例

調査内容 麻薬売買においては携帯・スマホでのメール、LINE、SMS等が使用される場合が多く、ある事件の場合、削除から復元されたSMSデータは1000件を超えました。 該当するスマホには被疑者のプライベートな情報がほとんどないことなどから、売買専用に使用されていたと推定されます。このような場合、被疑者のスマホに対し直ちにフォレンジック調査を行い、購入者とのやり取りを証拠として確保しなければなりません。 結果 削除されたSMSデータを復元し、通話履歴と同じ番号であることを分析結果から報告。鑑定書およびUSBメモリ(保全データおよび閲覧データを記録したもの)を提出しました。 直ちにスマホの使用を中・・・

捜査機関の調査に対する再調査の事例

事例

調査内容 被告人の多くは逮捕時にモバイルを押収され、訴訟でモバイル端末の解析結果が捜査報告書として証拠調べ請求されるケースが少なくありません。しかし、モバイル端末に記載されたデータには、本来存在している筈のデータが記載されていない場合もあり、解析が不十分でないか、また被告人に不利なデータだけが記載されているのではないかとの疑念が生じることがあります。 このような場合、信頼できるフォレンジック調査の専門会社に再調査を依頼し、セカンドオピニオンを求めることが有効です。 結果 捜査機関が使用したツールとは異なる複数のツールで解析を行うとともに、そのツールだけでは解析しきれないデータについては専門の技・・・

いじめの実態調査の事例

事例

調査内容 学校においていじめが発覚した場合、その実態を解明することは非常に困難です。加害者同士のかばい合いや、報復を恐れる被害者生徒が自ら加害者を摘示することが多くない為です。このような場合、モバイルを調査することで、誹謗中傷の文言を客観的な証拠として確保する必要性が生じます。 このような場合、被害者のスマホに対しフォレンジック調査を行い、LINEやメッセージなどのやり取りのデータを抽出・復元することが重要です。 結果 フォレンジック調査の結果、LINEトーク履歴やメッセージを復元。その結果、加害者や誹謗中傷の文言を特定、複数名の加害者それぞれについて加害行為の程度を詳細に把握し、主犯格を特定・・・

携帯電話の復元調査事例

事例

調査内容 2011年2月に力士の野球賭博問題の際、警察が押収した力士の携帯電話のデータから賭博事件とは関係ない八百長が疑われる証拠が出てきたため、相撲協会が特別委員会を設置して実態調査を行ないました。 結果 力士から押収した携帯電話の証拠復旧作業を行い、メールなどの解析を実施した結果、25人が八百長に関係していると認定、協会は関与した親方や力士に解雇や引退勧告などの処分を行ないました。 過去の通話履歴、削除された通話履歴の調査について スマホの解析を実施する際には、内部の基盤上のメモリからデータを抽出します。不正が行われる際、不利なデータが入った携帯電話が破壊されるケースが散見されます。本抽出・・・

労災認定の調査事例

事例

調査内容 建築中の工事現場で亡くなられた従業員のご遺族から、事故前までの就業状況を確認し、労災認定に繋がる証拠がないか調べて欲しいとのご依頼がありました。 結果 ログ解析により、従業員は事件直前PCに連続して長時間ログインし、大量の文書ファイルを操作しており、過酷な労働状況が浮き彫りになりました。これらを資料としてご遺族は労働基準監督署に対し、労災の申請を行いました。 保全の必要性について PC内で削除操作されたデータは、その後のハードディスクの使用に伴い上書きが進み、時間の進行とともにファイルアクセス履歴などを抽出しづらくなるため、データの上書きが進行する前に「保全(調査対象となるHDDと完・・・

情報漏えい調査の事例

事例

調査内容 既存顧客からの指摘で、顧客情報と技術情報が競合他社に持ち込まれていることが発覚。内部調査で退職した元社員が浮上しました。損害賠償請求のため、情報の不正持ち出し、顧客の囲い込み行為を立証しうる証拠データの収集が必要となりました。 結果 機密情報を不正に取得した日時と、意図的な隠ぺい工作の証拠データを検出できたため、情報漏えいの拡大を防止し、損害賠償を請求することができました。 USBメモリの接続履歴調査 元従業員が退職意思を表明する数か月前からのアクセスログ、外部メモリ*の接続履歴(実行日時、対象ファイル)、削除メール、メールの送信履歴などを調査。 USBメモリの接続が記録されたレジス・・・

ページの先頭へ